エコリサイクルセンター姫路

お問い合わせはコチラ

明石市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金サービス紹介

明石市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金

冷蔵庫は、一度買うと処分のタイミングがなかなか訪れません。そのため、突然の故障などで処分する際に、どうすれば分からない方も多いと思います。

そこで今回は、冷蔵庫の処分方法を詳しく解説していきます。

※エコリサイクルセンターは冷蔵庫の回収処分サービスを最安値保証で行っています。無料見積もりはこちらのページから。お気軽にご相談ください。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象?

2001年に施行された「家電リサイクル法」では、一般家庭から排出される冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビを資源として有効活用するため、その処分方法を定めています。これまでは、粗大ゴミとして処分していた冷蔵庫ですが、この法律の施行により粗大ゴミの分類から外れました。

冷蔵庫をはじめとした家電リサイクル法の対象物は、法で定めた方法でなければ処分ができなくなりました。冷蔵庫に含まれる有用な部品や素材を抜き取り、資源として生まれ変わらせるためです。もし、指定された方法以外で処分を行うと、違法にあたり罰則が課せらてしまいます。

冷蔵庫の処分方法7個

1. 買った店舗に処分を頼む

処分する冷蔵庫を購入した店舗が近くにあれば、回収を依頼できます。まずは、購入した店舗に回収の相談をし、リサイクル券を発行してもらいます。その後、業者が自宅まで冷蔵庫を回収に来ますが、その際の運搬費用は別途必要になります。

リサイクル料金は、冷蔵庫の容量で決まりますが、運搬費用は店舗によって異なるため、事前の確認が必要です。

2. 新品を購入するお店に回収を依頼

新しく冷蔵庫を買い替えるタイミングで、引き取ってもらえます。購入の際に、古い冷蔵庫の回収を依頼して、リサイクル券を発行してもらいます。

その後、新しい冷蔵庫の据え付けの際に、古い冷蔵庫を引き取ってもらいます。この場合も、リサイクル料金とは別に、運搬費用がかかるので、事前に料金の確認が必要です。

3. 自治体で回収してもらう

粗大ゴミとしては処分できない冷蔵庫ですが、自治体に回収を申請できます。

まず、お住まいの市役所に問い合わせて、回収の日時や運搬料金を確認します。回収を依頼する前には、郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。

その後、指定の回収業者が自宅まで引き取りに来てくれるので非常に便利です。デメリットとしては、申請から回収までに時間がかかるので、時間に余裕をもって進めましょう。

4. 事前予約して指定引取所に持ち込む

運搬車両が用意できる場合は、直接、指定場所に持ち込む方法もあります。この場合は、事前に持ち込む日程や注意事項の市役所に確認しましょう。

日程の確認ができたら、次に郵便局でリサイクル券を購入します。自ら持ち込むため、運搬費用はかかりませんが、搬出などの人手を確保する必要があります。

5. リサイクルショップに売る

比較的新しい冷蔵庫であれば、リサイクルショップに売ることもできます。業者によっては無料査定を行ってくれるので、まずは買取りが可能かどうか確認しましょう。

高値で買い取ってもらうには、汚れを落として綺麗にしておくことがポイントです。買取り可能となれば、自ら持ち込み、もしくは出張回収をお願いします。注意点として、10年以上前の冷蔵庫は買取りの可能性が低いので、予め別の方法を考えるようにしましょう。

6. 不用品回収業者に来てもらう

処分を急ぐ場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。早くて当日の回収もしてもらえるので、急ぎの場合は重宝します。

不用品回収業者であれば、回収料金のみでリサイクル料金がかからないケースがほとんどです。冷蔵庫の状態によっては、買い取ってもらえる可能性もあり、回収料金と相殺ができます。ただし、業者によっては法外な値段を提示してくる可能性もあるので、複数の業者で相見積もりをとった方が無難です。

7. 友人や知人への譲渡

親戚や知人に譲るという方法もあります。特に、引越しシーズンとなる春先は、冷蔵庫を需要が増す時期です。ただし、知人とはいえ、状態の悪い冷蔵庫は嫌がられるので節度ある対応を心掛けましょう。

特に、あまりにも古い冷蔵庫や故障品は、事故の原因になるので譲渡は厳禁です。まだ使える綺麗な状態であれば、相手も大変喜んでくれると思います。

冷蔵庫の無料回収方法は?

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象のため、店舗に依頼して処分する場合はリサイクル料金が必要です。

また、自治体に依頼する場合も同様にリサイクル料金がかかり、無料ではできません。無料回収もしくはリサイクル料金を払わない方法は、リサイクルショップや不用品回収業者を利用することです。

比較的新しい冷蔵庫であれば、買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。リサイクルショップに、自ら搬入すれば、運搬料金もかからず、収入アップにつながります。

不用品回収業者の場合は、冷蔵庫と合わせて他の不用品も処分すると一石二鳥です。また、新しい冷蔵庫であれば、買取料金と回収料金を相殺してもらえるため、実質無料となる場合もあります。

冷蔵庫の処分費用・リサイクル料金

リサイクル料金は、処分する冷蔵庫の容量によって異なり、170Lが基準となっています。170L以下であれば3,740円、171L以上であれば4,730円が基本です。

ただし、店舗や自治体が指定する回収業者を利用する場合、これに別途、運搬料金がかかります。運搬料金は、個別の業者ごとにより異なるため一概にはいえません。ただ一般的には、2,000〜3,000円程度のコストがかかります。自分で持ち込む場合は、この費用がゼロとなり、リサイクル料金のみが必要となります。

明石市の冷蔵庫持ち込み処分

明石市の家電リサイクルの持ち込みができる指定引取場所は以下です。

明石市内にはないため、以下の場所になります。

◯淡路共正陸運(株) 姫路営業所
住所:姫路市白浜町宇佐崎南2-27
電話番号:079-246-3630

◯近物レックス(株)姫路支店
住所:姫路市飾磨区構字東飯田新田1083-1
電話番号:079-234-8037

※エコリサイクルセンターは冷蔵庫の回収処分サービスを最安値保証で行っています。無料見積もりはこちらのページから。お気軽にご相談ください。

まとめ

以上、冷蔵庫の処分方法についての解説でした。冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象であり、国の指定する方法での処分が求められます。また、サイズの大きい家電のため、搬出・搬入に十分な配慮が必要です。自分で搬入すれば、その分運搬料金は浮かせますが、人手を十分確保できない場合は、無理をせず専門業者への依頼などを検討しましょう。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ