エコリサイクルセンター姫路

お問い合わせはコチラ

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

家事のための電化製品のうち、ほとんどの家にあると思われる電化製品が洗濯機です。衣類乾燥機も、仕事などで忙しい方のお宅には多く存在します。使用頻度が高い家電ゆえに、買い替えのタイミングが多い家電です。使用しなくなった洗濯機や衣類乾燥機の廃棄処分はどうすればよいのでしょうか?

洗濯機および衣類乾燥機のリサイクル方法を、意外と知らない人が多いので、今回はお得に廃棄できる方法も含め、ご案内していきます。

洗濯機・衣類乾燥機はそのままゴミ出しできる?

廃棄する洗濯機や衣類乾燥機については、一昔前までは普通の粗大ゴミで廃棄できたので簡単でした。でもそれは昔の話、今は普通に粗大ゴミに出すことは禁じられています。

2001年に家電リサイクル法というものが、国の法律によって定められたからです。家電回収について製造メーカー・所有者が協力し、資源のリサイクルを実行し、埋立て対象のごみを減少させるのが、法施行の目的です。これは、地球の環境そして限られた資源をキープするためのものです。

そのため、一昔前までは普通のごみとして集めて埋め立て処分を行っていた製品の中で、リサイクルできるものが多い4製品が、リサイクル対象となったのです。リサイクル対象の家電に洗濯機や衣類乾燥機が入ったため、家電リサイクル法のルールに従い、処分することになりました。

洗濯機・衣類乾燥機の無料処分方法4個

不要な洗濯機はリサイクルするのが基本ですが、あまり使っていない・状態が新品に近い・まだまだ使用できる洗濯機や衣料乾燥機は、買取・下取に出してみましょう。リサイクル処分となりますと、費用がかかりますが、買い取りや下取りであれば、お得に処分することができます。

①まだ新しい洗濯機・衣類乾燥機は売れる

数多くのリサイクル店や中古家電ショップのお店において、中古の洗濯機や衣類乾燥機の買い取りサービスを行っています。買い取りができる家電の目安の古さについては、新品における購入からおおよそ五年以内のものとなっています。

しかし、製造より五年以上の商品であっても、ほどんど使用していない商品やコンディションの良好な商品という話になりますと、買い取ってもらえる可能性が高いです。査定の際にダメもとでも、聞いてみてください。

査定額が0円というケースでも、無料回収ならOKというケースもあります。回収と搬送に必要な費用・リサイクル費用・取り外す際に必要な費用すべて含めた引取金額について、査定時確認がマストです。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②販売店で下取りしてもらう

家電の購入を家電ショップ・小売ショップ・通販ショップで行った場合、今持っている品を、下取りしてもらえる可能性があります。このようなサービスは、すべてのお店で実施しているわけではないので、ご購入の際に、お店で確認しましょう。

下取りは、購入する洗濯機の金額からの割引、あるいはショップポイント還元という方法がオーソドックス。査定額が下取りでゼロだとしても、回収をタダで行ってくれる店舗もあります。ご自身でリサイクル処分に必要な費用を負担して廃棄するのと比べると、お得に廃棄できるでしょう。

③ネットフリマ、オークションで売る

充分使用できるクオリティの洗濯機や衣類乾燥機を廃棄は・・・もったいないですよね。洗濯機・衣類乾燥機は製造より時間が経過してしまっているケースですと、買取自体は困難ですが、フリマアプリやインターネットオークションなら出品売買できます。

宅配便を活用する場合、商品梱包が必須となります。ですが洗濯機となりますと大型製品だけに、段ボールで梱包するのは難しくなってしまいます。そこでおすすめの方法が、らくらく家財宅急便です。専用カバーで梱包して運んでくれます。

④必要な人に無料で譲る

欲しがっている方に譲るという手段が、不要な洗濯機や衣類乾燥機の廃棄としては手軽です。友達に聞いてみて該当者がいなければ、自治体などが用意している掲示板のような物を使って、欲しい方を探す手段があります。受け渡しについてですが、ものが大きいものなので、事前にお互いに確認をしておきましょう。

洗濯機・衣類乾燥機の有料処分方法3個

不要な洗濯機・衣類乾燥機を処分する場合は、リサイクルを行う必要があります。リサイクルにかかる費用は、¥2300にプラス税金というメーカーさんが多いようです。

①買い替え時にリサイクルを依頼する

多くの家電ショップ・小売りショップで、洗濯機や衣類乾燥機を買うときに、廃棄予定の製品の方をリサイクルするサービスを実施しています。買った新品の洗濯機などを設置してもらうタイミングで、処分する家電の方も搬出・処分してもらえるので手軽で便利です。

普通は、取外しに必要な工賃や回収および運搬に必要な料金が、リサイクル料金に加算されます。リサイクル券の用意を事前に行った方がよいのか等は、お店に確認しておきましょう。

②民間の不用品回収業者にリサイクルを依頼する

洗濯機・衣類乾燥機が不要になって廃棄するだけの場合は、回収業者に連絡をして廃棄を行う手段があります。素人が運び出しを行うのは、大型家電の場合大変ですし、ガスの衣類乾燥機については、ダクトから外し壁穴を塞がなければなりません。プロの業者に依頼するのが安心でしょう。搬出・回収・配送・出張料金が、一般的にはリサイクル料金の他に必要となります。お願いするときに、見積もりをお願いするべきでしょう。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③自分でリサイクルする方法

最安処分を目指すなら、全部自分で手続きをすることです。リサイクル券を入手して、家電を取り外し、地域で指定の引取場所に運び入れます。リサイクル費用のみで処理できます。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。
最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ