エコリサイクルセンター姫路

お問い合わせはコチラ

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

冷蔵庫・冷凍庫のような大型家電製品は、引っ越しや住み替えの際に、処分に困るものの代表格でしょう。冷蔵庫・冷凍庫などは粗大ごみNGということまでは理解していても、処分はどのようにすればよいのかという話になりますと、多くの方が困ってしまうものです。

使わなくなった冷蔵庫や冷凍庫のリサイクルの手段、なるべく費用をかけないで廃棄する手段、簡単に廃棄できる手段など、こちらでご説明していきます。

冷蔵庫・冷凍庫はそのままゴミ出しできる?

皆さんお分かりいただけているとおもいますが、冷蔵庫・冷凍庫という製品は、普通にゴミとして出すことはNGです。各々の自治体で回収を行っている粗大ゴミや集積場までの持込みもダメという決まりとなっています。

アイロンや炊飯ジャーのような一般的な家電においては、それぞれの自治体のルールに従えば、不燃・粗大ゴミとして処分できます。エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の四種類の商品については、家電リサイクル法によって、リサイクル処理しなければいけないと決まっています。

家電リサイクル法というものは、2001年に施しました。この法律は、家電をごみ処分として埋め立て地に埋めるのではなく、持ち主と製造元がタッグを組み不用品家電を集め、製造元ができうる限り、再利用するというルールです。

冷蔵庫・冷凍庫の無料処分方法4個

リサイクル料金については、古い冷蔵庫や冷凍庫処分となると、必須だと感じている方も多いと思いますが、実際は、費用をかけずに廃棄することも可能です。

①状態の良い冷蔵庫・冷凍庫はお店で売る

処分を考えている冷蔵庫や冷凍庫が、まだ使えるケースではリサイクルによる処分を選択せず、中古家電ショップやリサイクルショップ、不用品回収業者へ売ることもできます。このような回収の業者や販売店に売る場合は、リサイクル料金は当然かかりません。

購入から約5~7年ほどの冷蔵庫や冷凍庫であれば、引き取ってもらうこともできます。中古家電として売る場合は、少しでも新しい方が良いので、迅速に査定をお願いしましょう。冷蔵庫・冷凍庫は大きいので、自身で持ち込んでの査定は大変です。出張査定やメール・LINE査定というものがありますので、依頼してみましょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②ネットフリマサイトで売る

ネットオークション・フリマサイトを活用すれば、コンディションに少々問題ありのものや、製造より7年以上経ってしまっている冷蔵庫でも売れる可能性があります。冷蔵庫が大きいので、配送料金が売れた額よりも高くなるケースが多々あります。配送や配送料金について、最初にきちんと調べておくことが重要です。

③購入店舗で下取りしてもらう

家電量販店・販売店・ネットショップの中には、新品の冷蔵庫や冷凍庫を購入時、処分を希望の冷蔵庫や冷凍庫を下取りしれくれるところがあります。製造年月日が5年から7年以内のものであれば、冷蔵庫や冷凍庫が破損していてもOK。

ポイント還元で引取であったり、千円~三千円程で査定引取、引取を行う製品一台につき1万円キャッシュバックなど、下取りのスタイルはいろいろあります。すこしでも高額で買ってほしいのであれば、数軒の店舗で見積もりを出してもらい額面を比較しましょう。

④知り合いに譲る

使うことが可能な家電の場合は、無料で友人や親せきに受け渡すのが、一番手軽です。譲る先の設置状況や受け渡しの方法などについて、あらかじめしっかりとチェックしておく事をおすすめします。

冷蔵庫・冷凍庫の有料処分方法3個

冷蔵庫および冷凍庫の廃棄については基本、リサイクルの処分です。リサイクル回収を販売店にお願いする、回収業者に全部を委託する以外に、リサイクルの手続きを自分で実行するという手段もあります。

冷蔵庫や冷凍庫のリサイクル処分の費用は、製造会社によって少々異なるケースもありますが、おおむね下記のようになります。
・170リットル以下 3,400円+税
・170リットル以上 4,300円+税
リサイクルを家電量販店、回収業者にお願いするケースでは、リサイクルにかかる料金にプラス、運搬手数料および処理手数料が必要になってきます。

①自分でリサイクルを行う

郵便局で家電リサイクル券を手に入れ、各自治体で決められている取引所に家電を持込する場合は、リサイクル費用と郵便局の振込手数料のみでリサイクルできます。

処分希望の冷蔵庫・冷凍庫の裏面に表記してある製造メーカーと大きさを確認して、リサイクルの料金を郵便局・ゆうちょ銀行で振り込みます。その後、地域で指定している所に処分予定の家電を、自分自身で運び入れてリサイクルを依頼しましょう。

②不用品回収業者にリサイクルを依頼する

不用品回収業者や家電量販店に家電リサイクルを依頼してしまうのが一番スムーズです。自分で手続き&運搬はとても困難です。大型家電で指定のところまで運搬できない、多忙なので郵便局の手続が不可能といったような方にも、業者に依頼すれば自宅搬出から、全部お願いできるのでおすすめです。回収費用や運搬にかかる運賃、出張費用、手数料といった、リサイクル費用以外のものもかかってきます。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③販売店の有料リサイクルを利用する

冷蔵庫・冷凍庫をネットショップや家電量販店、小売店で購入しますと、不要家電を回収・処分してもらえることがあります。処分に関する詳細については、各お店ごとに異なります。先にリサイクル券を用意する必要があるお店もあります。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。姫路・明石・加古川・高砂市など兵庫県内対応可能です。
最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ